入国手続き、入管管理、手続き方法、法律業務 町田積夫 アイ行政書士事務所
〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 Mio新都心 5階受付
Tel:048-851-5383 FAX:048-851-5384 携帯(Mobile) 090-8179−5353
業務内容・地図 入国手続き法律相談のアイ行政書士事務所 入菅手続き等の申請の流れ アイ行政書士事務所 入菅手続き等のお問い合わせ・お申し込み アイ行政書士事務所 入管手続き等ご相談の町田積夫のプロフィール アイ行政書士事務所
入管手続き等ご相談の町田積夫 アイ行政書士事務所TOPページへ 入管手続き等ご相談の町田積夫のQ&A アイ行政書士事務所 入管手続き等ご相談の町田積夫の事例集 アイ行政書士事務所 入管手続き等ご相談 料金表 アイ行政書士事務所 in english 入管手続き等ご相談の町田積夫の アイ行政書士事務所 cainese 文中 ご案内 入管手続き等ご相談の町田積夫 アイ行政書士事務所
 
『アイ行政書士事務所』 行政書士 町田 積夫のプロフィールです。
 ◆ プロフィール 
  行政書士 町田 積夫(まちだ せきお)プロフィール
     経歴
   1939年    群馬県生まれ
1963年 早稲田大学法学部卒業
東京都庁へ入庁
東京都庁衛生局、財務局、総務局などに配属
この間、知事の代理人として、訴訟実務に携わる他、
土地の公務災害認定実務(民間の労災の認定)などを経験
2005年 東京都庁を定年退職
行政書士開業
申請取次行政書士
NPO法人成年後見支援機構理事
宅地建物取引主任者
     ■その他経歴 
      日本体育協会公認スポーツ指導員 剣道
 (港区剣道連盟、都庁剣道部に所属し、アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパにて実技指導。)
                   下記にも写真があります。
町田積夫オーストラリア地図を広げて
オーストラリアの地図をひろげて
東京シティガイドクラブ会員
 (東京の案内人として活動するための修行を重ねている。見たい所へ案内し、納得していただけるガイドになれる日を夢見て頑張っている。日本人だけでなく外国人もOK。)
茶道裏千家東京第八西支部顧問
 (東京第八西支部は、新宿から高尾山までの支部。山本宗智先生指導の下、都庁にて月2回の稽古会。年2回の茶会にてお手前披露。)下記に写真があります。
献血功労者
(入都3年の25歳から始めた献血が、40年以上も続いている。65歳までに献血した量が ビール瓶23本を超えた。献血の定年は69歳。その日まで継続予定。日赤より金・銀の功労賞を受ける。)
献血手帳の束です。
都庁英会話クラブ主宰者
  (都庁で英語が通じないのは恥だと感じて始めたボランティア活動。講師は日本語の通じない外国人。1988年から続けたが2006年に引退。)
               
  [原告の会会員から外国人の駆け込み寺まで]
 
  経歴を見て、何と幸せで楽しい人生を過ごしている人間がいるものかと皆様は
思われたことでしょうが、楽しいことだけで終わらないのが人生のようです。
 
  2002年2月15日私の娘は女児を出産しました。女・男・男と3人の子に恵まれた私達
夫婦にとって長女の出産は人生のハイライト(幸せの絶頂期)でした。ところが、
孫が生まれた翌日に娘は初めて行ったトイレで倒れそのまま帰らぬ人となって
しまったのです。病名は肺塞栓症ということでした。出産には危険がつきものだとは
聞いていましたが、子供が無事生まれ喜びも束の間突然の母親の死は「天国と地獄」
を絵に描いたような悲劇です。
 
  これまでの数々の苦労を乗り越えてやっと手に入れた妊娠・出産。子供の成長に
あわせてふくらむ将来への夢。すべてが「母子共無事」の出産が唯一の条件だったの
に、なぜ母親の死が発生するのか。無事な出産を願って妻や娘が費やしてきた膨大な
時間とエネルギー。都庁の係長になったばかりの娘は早稲田大学の3年生でもありま
した。
  この日のためにすべての力と知恵を結集してきた私達に、最も恐れていた事態が
襲ったのです。娘の無念をどう晴らせばよいのか。親の顔を知らない子をどう育てれば
よいのか。後は、筋書きのないドラマが待っていました。
 
  私は自分を見失ってしまい半年間は自分も死ぬことばかり考えていました。
次第に周囲のことが見えるようになり1周忌を迎える頃には自分がやらなければいけな
いこと、できることが浮かび上がってきました。あとは自分が平常心になれるか、
身辺で起こった事実を冷静に分析し問題点ごとに対応策を立てられるか、が
重要です。真実を知りたいと思ってもすべてが病院の管理下に置かれているので困難
が伴うのが現実です。簡単な事例でも事実を解明するのに半年から1年は
かかります。私は1年半で事実関係、関連資料の調査を終わりました。
 
原告の会には偶然見た新聞記事がきっかけで入会しました。同じ苦しみを持つ人が
全国に大勢いることを知りました。
 
  ところが、裁判は立ち上げたものの娘の夫とは反りが合わず、原告の会は
分裂状態、私の意見は全く取り入れてもらえないまま、娘の名誉と孫の将来のため
心血注いだ私の努力は全て水泡に帰したのです。出産までは100%主役だった娘の
両親は娘が死んだ瞬間からそこが自分の居場所ではないと悟りました。42年間勤務
した都庁退職を機に行政書士登録し自分の居場所を探すことにしました。
 
  そして1年半が経ち、縁あって埼玉新都心で事務所を開設する運びとなりました。
外国人の世話をするのが好きな私にとってはまたとない環境です。
 
  どうか、皆様、今まで以上にご厚誼をお願い申し上げます。
 
   遅咲きの 花いま咲かん 新都心
  
 
 行政書士 町田積夫 アルバム                  
行政書士 町田積夫 アルバム 剣道指導  
  外国から来た柔道のメンバーと(右側)
   
町田積夫 アルバム 剣道指導
  外国からのかたに剣道の指導を(右側)
   
 行政書士 町田積夫 アルバム 茶道指導
  茶道のお手前を披露
  
 行政書士 町田積夫 アルバム 茶道指導
  お茶会にて(中央)
  
 
 
 
Copyright 2006-2010 アイ行政書士事務所 All Rights Reserved.
〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 Mio新都心 5階受付 
Tel:048-851-5383 FAX:048-851-5384 携帯(Mobile) 090-8179−5353
HOME業務内容・地図申請までの流れ問い合わせ・お申し込み
プロフィールQ&A事例集料金表English中国語